信濃三十三観音札所めぐり

文字の拡大・縮小 文字を大きくする 文字を小さくする

札所紹介

第二十九番札所布引山 釈尊寺

地図を見る

釈尊寺概観

ご本尊名 聖観世音菩薩
ご本尊愛称 布引観音
宗派 天台宗
所在地 〒384-0071 小諸市大久保2250
駐車場 崖下参道登り口(大型可)
TEL 0267-23-0520
URL
ご詠歌 望月の 御牧の駒は 寒からじ 布引山を 北と思へば
開山・開基 行基(神亀元年724)

牛に化身した聖観音に白布を奪われた老婆が、善光寺まで追いかけて仏教に帰依するようになったという「牛に引かれて善光寺参り」伝説ゆかりの寺院である。寺伝によると神亀元年(724)、僧・行基の創建で、本堂のほか花成寺、額願寺、真福寺、一宝寺、神興寺、慈現寺の六ヶ寺が岩窟に伽藍を造営。懸崖に建立した観音堂を中心とする仏道修行の聖域だったとされる。朱塗りの観音堂は鎌倉時代の様式をよく伝えており、建築・美術史上きわめて貴重とされ、国の重要文化財に指定されている。ページの先頭へ

第三十番札所歓喜山 正法寺

地図を見る

正法寺概観

ご本尊名 聖観世音菩薩
ご本尊愛称
宗派 真言宗豊山派
所在地 〒381-3202 上水内郡中条村日下野1874
駐車場 仁王門前、大型は付近に
TEL 026-267-2319
URL
ご詠歌 正法寺 月は三ヶ野の 峰に出で 下る片岡 寺のともしび
開山・開基 坂上田村麻呂(大同年間)

僧・行基が手ずから刻んだ聖観音像を奉安したのが創建とされ、大同年間(9世紀初頭)に坂上田村麻呂が東征の折、この地に堂宇を建立したと伝えられる。本尊の木造聖観音立像は、行基より時代が下がる藤原時代中期(900年代)の作。傷んではいるがふくよかな表情をたたえた美しいお姿が特徴。江戸末期、日照りに苦しむ村人がワラでつくった龍にこの観音様が生命を与え、たちまちに雨を降らせたという伝説があり、雨乞いのご利益で知られている。ページの先頭へ

第三十一番札所慈眼山 広福寺

地図を見る

広福寺概観

ご本尊名 聖観世音菩薩
ご本尊愛称 乳出し観音
宗派 曹洞宗
所在地 上水内郡中条村御山里8859
駐車場 観音堂手前(大型可)
TEL 026-268-3364
URL
ご詠歌 広福寺 誓を頼む 八重桜 峰の嵐も 吹きや散らさじ
開山・開基 不詳

虫倉山の西南麓、山懐に包まれるように観音堂が建っている。弘化4年(1847)の善光寺地震は、善光寺の周辺のみならず、水内郡下の多くの場所に地滑り、山崩れなどの被害をもたらしたが、中でも虫倉山の山崩れは大規模で、多くの被害者が出た広福寺の背後の斜面も大崩落を起こし、土砂が村に押し寄せたが、お堂を潰したところで奇跡的に止まった。そこで村人たちは、観音様が山崩れから村を守って下さったと喜び、五輪塔などを掘り出してまつり直した。また現在の本尊にあたる新たな観音像を迎え、観音堂を再建した。

ページの先頭へ

第三十二番札所椿峯山 西照寺

地図を見る

西照寺概観

ご本尊名 聖観世音菩薩
ご本尊愛称
宗派 元真言宗
所在地 上水内郡小川村椿峰4031
駐車場 寺の下と裏手2ヶ所(大型可)
TEL 026-269-2568
URL
ご詠歌 椿峰や 高き恵みは いかばかり 深き罪身も 浮かぶとぞ聞く
開山・開基 不詳

開基や盛衰の歴史について、詳しい記録はないが、付近の地名に「寺屋敷」「大門」「仏迎田」などが残っていることから見て、地域の人々の信仰篤い大寺だったことがうかがえる。善光寺地震による崩落をはじめ、数度にわたる山崩れに遭って、堂宇はことごとく地中に埋まってしまったが、地域の人々の尽力で、観音像や仏像はその都度掘り出され、観音堂も再建された。現在もみごとな彫刻の施された観音堂に本尊の聖観音をはじめ13体仏像が安置され、近隣の人々に大切に守られている。

ページの先頭へ

第三十三番札所宝珠山 高山寺

地図を見る

高山寺概観

ご本尊名 聖観世音菩薩
ご本尊愛称
宗派 真言宗豊山派
所在地 〒381-3301 上水内郡小川村稲丘7119
駐車場 寺の下と裏手(大型可)
TEL 026-269-2568
URL
ご詠歌 高くとも 安く登れよ 寺坂を 九品浄土へ 参る身なれば
開山・開基 坂上田村麻呂(大同3年808)

信濃三十三観音巡拝、結願の高山寺は、北アルプスの山並みを望む展望の地にある。端麗な三重塔は建久6年(1195)、源頼朝の建立と伝えられるが老朽化し、元禄時代に虫倉山中で修行中の木食山居上人に勧進を願い、五年がかりで十数万人の喜捨を集めて再建した。塔内には如来三尊が本尊としてまつられている。なお本尊は秘仏で、年に一度、8月10日に開帳している。雨乞い、火除けの観音様として名高い。

客番定額山 善光寺

地図を見る

善光寺概観

ご本尊名 一光三尊阿弥陀如来
ご本尊愛称
宗派 天台宗・浄土宗
所在地 〒380-0851 長野市元善町491
駐車場 本堂北側及び西側(有料)
TEL 026-234-3591
URL http://www.zenkoji.jp/
ご詠歌 身はここに 心は信濃の 善光寺 導き給へ 弥陀の浄土へ
開山・開基 本田善光(伝・皇極天皇元年)

創建以来約1400年の歴史を誇る「一生に一度は善光寺参り」と全国から多くの人々が参詣する。一貫して男女平等の救済を説く寺院として知られたこともあり、女性の参拝者が多きことも特徴である。数え年で七年に一度(現在は丑と未の年)行われる御開帳は善光寺最大の盛儀。信濃三十三観音札所のうち、多くが関東・関西から善光寺へと続く街道(北国街道、善光寺街道)沿いに点在する。善光寺参詣をめざす旅人が道すがら観音様を拝み、それぞれの願いを話し旅の安全を祈った様子がしのばれる。

ページの先頭へ

客番北向山 北向観音堂

地図を見る

北向観音堂概観

ご本尊名 千手千眼観世音菩薩
ご本尊愛称 別所観音
宗派 天台宗
所在地 〒386-1431 上田市別所温泉1656
駐車場 観光協会駐車場(有料)
TEL 0268-38-2023
URL
ご詠歌 いくばくの 人の心を 澄ますらん 北向山の 峰の松風
開山・開基 慈覚大師円仁(天長2年825)

本堂が北に向いている全国でも珍しい寺で「北向観音」として親しまれている。善光寺が来世利益、常楽寺が現世利益をもたらすとされ、両寺に参詣しないと「方参り」になるとされる。天長二年(825)、別所温泉を開いたとされる慈覚大師円仁によって創建され、天台教学の道場であり信仰の霊場として今日に至る。厄除観音としても信仰を集め、護摩祈祷が毎日行われている。

ページの先頭へ

前のページ  1 2 3 4 5  次のページ

  • 一番法善寺
  • 二番宗善寺
  • 三番岩井堂
  • 四番風雲庵
  • 五番妙音寺
  • 六番観龍寺
  • 七番桑台院
  • 八番西明寺
  • 九番蓑堂
  • 十番高顕寺
  • 十一番明真寺
  • 十二番無常院
  • 十三番開眼寺
  • 十四番長楽寺
  • 十五番岩殿寺
  • 十六番清水寺
  • 十七番関昌寺
  • 十八番長谷寺
  • 十九番菩提院
  • 二十番長安寺
  • 二十一番常光寺
  • 二十二番仲仙寺
  • 二十三番宝蔵寺
  • 二十四番阿弥陀寺
  • 二十五番盛泉寺
  • 二十六番満願寺
  • 二十七番牛伏寺
  • 二十八番龍福寺
  • 二十九番釈尊寺
  • 三十番正法寺
  • 三十一番広福寺
  • 三十二番西照寺
  • 三十三番高山寺
  • 客番善光寺
  • 客番北向観音堂