信濃三十三観音札所めぐり

文字の拡大・縮小 文字を大きくする 文字を小さくする

信濃三十三観音札所巡礼方法

装束・必要な物

金剛杖、菅笠、白衣、ずた袋、手甲、輪袈裟、鈴、笈摺、脚絆、白地下足袋

納札、念珠、納経帳、経本、合羽、手拭

お経を暗唱できる人でも、参拝時には経本を手に持って読経するのが作法です。道中の涼やかな鈴の音は、清らかな魂を振り込み、仏心を目覚めさせてくれます。山道では熊除けの効果もあります。

服装について

巡礼の装束は近代以降、普段着の上に白衣を着るとか輪袈裟をかけるなどの略式の装束が多くなりました。袖が付いたものを白衣、その上に羽織る袖無しのものを笈摺といいます。背には、「南無大慈大悲観世音菩薩」の文字を入れる習わしで、観音さまとの二人旅を意味する「同行二人」と書くこともあります。厳しい難行でもあった巡礼旅は、いつ何処で命絶えてもとの覚悟の死に装束で、一度死んで新たな自分に生まれ変わるための清浄無垢な装束でもあったのです。

納経時間・納経料金について

納経時間について

午前9時から午後4時まで間が通常の参拝時間になります。

納経料金について

納経帳、納経軸ともに300円

事前の電話連絡について

朱印を希望する方は参拝する札所に事前に電話連絡をすることをおすすめします。

地元信州の巡礼専門業者

信濃三十三観音めぐりに詳しい地元信州の巡礼専門業者

ハト観光(株)
http://www.hatokanko.jp/jiin/index3.htm
長野レジャープランニング
http://kashiyojohogroup.net/group/33ban/index.html
(株)ロータリー旅行<松本・長野>
http://www.rotary-ryoko.co.jp/

ページの先頭へ

  • 一番法善寺
  • 二番宗善寺
  • 三番岩井堂
  • 四番風雲庵
  • 五番妙音寺
  • 六番観龍寺
  • 七番桑台院
  • 八番西明寺
  • 九番蓑堂
  • 十番高顕寺
  • 十一番明真寺
  • 十二番無常院
  • 十三番開眼寺
  • 十四番長楽寺
  • 十五番岩殿寺
  • 十六番清水寺
  • 十七番関昌寺
  • 十八番長谷寺
  • 十九番菩提院
  • 二十番長安寺
  • 二十一番常光寺
  • 二十二番仲仙寺
  • 二十三番宝蔵寺
  • 二十四番阿弥陀寺
  • 二十五番盛泉寺
  • 二十六番満願寺
  • 二十七番牛伏寺
  • 二十八番龍福寺
  • 二十九番釈尊寺
  • 三十番正法寺
  • 三十一番広福寺
  • 三十二番西照寺
  • 三十三番高山寺
  • 客番善光寺
  • 客番北向観音堂